世界中の人と出会えるサイト。今すぐ婚活したい人へ

婚活サイト完全ガイド~外国人別・職業別の結婚まとめ

結婚相手になりやすい?同郷の人の強みとは?

更新日:

結婚相手を探す場合、全く違う地域に住んでいた人と、同郷の人とでは、どういった違いがあるんでしょう?

また、同郷の方の方が、結婚しやすいといったことはあるんでしょうか?

同郷の相手を求める2つの大きな理由とは?

23

育った気候や習慣が似ている。

同郷の場合の相手の場合、まず育った気候がほとんど同じです。

寒い地域、暑い地域、温暖な地域、様々ありますが、気候により、その性格が違ったりします。

温暖な地域は、のんびりした人が多いなど、意外に気候により性格が違ったりするものです。

ですから、同郷の相手の場合、自分に似た性格、似た考えを持っている人が多くなり、また、生活習慣も似た人になると言えます。

これは、気候からくる習慣だけではなく、地方特有の習慣などもあります。

結婚式に地域特有の習慣があったり、別の地域で育った人にとっては理解できない習慣があったりします。

同郷の場合、こういった習慣の違いの心配がなく、安心できるんですね。

共通の話題がある。

よく、「ローカルな話。」で同郷の人同士が盛り上がる光景を見かけます。

周りの人が知らない話を二人だけが知っている。

このことにうれしさを感じたり、懐かしさを感じたりするんです。

他の人にはわからないであろう、スポットであったり、習慣であったり、方言であったりと、話題が絶えません。

そうなると、話も弾み、とても親しみを感じやすくなります。

また、自分の趣味の話をするのと同じように、自分が詳しく知っている話というのは、話をしていても楽しいものです。

その詳しい情報を共有できる人なわけですから、一緒にいて楽しくなるんでしょうね。

結婚相手に同郷の人を選ぶメリットとは?

3

26.4%の方が回答!帰省のしやすさ!

結婚相手に同郷の人を選ぶメリットは何かの質問に対して、一番多かった回答が、「帰省のしやすさ」で、実に26.4%の人がそう答えています。

お盆、お正月、ゴールデンウイークにシルバーウイークなど、結婚後に実家へ里帰りすることはよくあることです。

これがお互い違う地域の場合、里帰りも楽ではありませんよね?

しかし、同郷となれば、帰省はとてもしやすくなります。

また、実家が近いことにより、親に対する心配も少なくなったり、また何かと頼ることも出来ます。

こんな理由から、帰省のしやすさが結婚相手に同郷の人を選ぶメリットの第一位になるんですね。

23.5%の方が回答!価値観が似ている!

結婚相手に同郷の人を選ぶメリットは何かの質問に対して、二番目に多かった回答が、「価値観が似ている」で、23.5%の人がそう答えました。

地域により、物価の違いがあるというわけではないようです。

 

仕事に対する価値観

都心部の仕事と、田舎の仕事。

同じ仕事に変わりはないんですが、なんとなく田舎の職場の方が慌ただしさがないような気がする。

わたしもその一人なんですが、田舎育ちの人はそう感じるかもしれません。

これは、その地域制の問題であったりします。

仕事の価値観というものは、地域は関係なく、個人がそれぞれ持っているものでしょうが、潜在的に持った価値観というものは、育った環境に影響を少なからず受けています。

休日の過ごし方

休日恋人と出かける場所は?

○○ショッピングセンター。

△△公園。

といったように、地元定番のスポットというものがあります。

ローカルなスポットです。

育った環境が同じですから、お金をかけずに過ごすには、ココ!

ショッピングであれば、ココかココ!

遊ぶのであれば、ココ!

といったように、話が合うはずです。

休日の過ごし方の価値観も同郷の人の方が合うはずですよね。

習慣に対する価値観

地域のよって、色々な習慣があります。

その習慣が、他の地域に住んでいると少し理解しにくい場合があったりします。

単純に、結婚前の結納の方法に差があったり、結婚式に呼ぶ人数の考え方に大幅な差があったりなど、その違いにきっと驚くと思います。

その点、同郷であれば、ほとんど考え方は同じになります。

こういった習慣に対する価値観の違いは、同郷ではない場合、様々な場面で感じることになると思います。

19%の方が回答!親近感がある!

当たり前のようで意外と気づかないのが、同郷の人に対する親近感です。

親近感とは、血縁や身近な関係ではなくてもその人が身近な存在であると認識したり錯覚することです。

何か共通の話題があることは、親近感がわく要因の一つです。

自分だけが知っていると思っていた話をされると、とても親近感がわくのは当たり前のことなんです。

身近な人!

と感じるんですね。
その他にも、「食べ物の好みが近い」、「将来、地元に戻りやすい」などがあります。

女性の約6割が「結婚相手の出身地を気にする」と答えていますし、約4割近くが「将来、地元に帰りたい」と答えています。

結婚相手に同郷の人を探す。

成功へ近道なのかもしれませんね。

えっ!こんなに違うの?結婚式の"風習"や"しきたり"!

107

会費制の結婚式

地域によっては、会費制の結婚式が常識の地域があります。

御祝儀は無し!

招待状に会費が記載されています。

ご祝儀にいくら包むかを悩まなくて済みますから、気が楽とも言えますよね。

引き出物の相場

引き出物の相場も地域によって違いがあります。

1万円程度の引き出物を用意するのが当たり前の地域から、1,000円程度の地域までさまざまです。

地域の違いですから、その人が当たり前と思っていても、話がかみ合わないといったことも発生するかもしれませんね。

招待客の人数。

披露宴には、両家合わせて50人程。

なんとなく一般的な人数と言いたいのですが、「そんなバカな!」と言いたくなる地域の方もいます。

200人から300人は当たり前といった地域もあるようです。

ですから、その地域の式場は、披露宴会場も大きな部屋が多かったりもします。

新郎側25名。

新婦側150名。

これでは困りますよね。
他にも様々な違いがあります。

そう考えると、同郷の結婚相手が一番スムーズに事が運ぶ気がしてきますよね。

日本人も外国人にも出会える婚活サイトナンバー1

日本人も外国人にも出会える婚活サイトナンバー1

-婚活プロフィール
-, ,

Copyright© 婚活サイト完全ガイド~外国人別・職業別の結婚まとめ , 2017 AllRights Reserved.